私たち小川屋味噌店は、世界の、日本の歴史が動き出した嘉永元年に創業し、 和食文化の原点ともいえる”麹の魅力”を小川屋独自の技術で追究してきました。

いつの時代のお客様にも「麹をつかった食品は”おいしい”」と言って頂けるように、これからもより高い発酵技術とより良い品質・味を追究して、素材がもつ自然なうまみを引き出して商品づくりをいたします。

まっすぐに正直に商品づくりをする。その商品を通して価値体験を通して、麹が持つ「本来の魅力と新しい魅力」を私たちがお客様にお届けする。

私たちは、これからも創業時と同じように歴史を動かす、新しい味づくりに挑戦し続けます。